デザイン事務所で働いて学べること

デザイン事務所ではデザインを通して人々に情報を伝えるということを仕事にしています。

デザイン事務所広告代理店や出版社などから依頼を受けることが一般的なのですが、デザインをするものはポスターやチラシだけに留まらず、書籍や雑誌の表紙のデザインや店舗の看板など様々です。

デザインの打ち合わせの際にクライアントの要望を聞きながらデザインを作成していかなければなりません。そのため柔軟なデザインスキルはもちろんのこと、クライアントとしっかり話をすることができるコミュニケーション能力が必要となります。クライアントはデザインによる情報伝達で利益をのばしたいと考えているからこそわざわざデザイン事務所に依頼をします。そのため利益をのばすことができるかどうかという結果はデザインによる結果も大きく関わってくるので、ただ楽しくデザインをするというのではなくクライアントの業績に影響を及ぼすことになるのだという重責を感じながら仕事に取り組むということが大切です。

これはデザインスキルだけではなくプロとしての意識がとても重要になってきます。

 

デザインにはコミュニケーション能力が大切

有名なアーティストを見ても分かるように、デザインというのはその人の内側にある個性なので1人で手掛けることが一般的です。その補助をする人が何人かいたとしても作品の構成を考えるのは1人です。それはデザインという仕事だからこその特徴だと言えるのですが、事務所に所属している以上は先輩上司の存在があります。チームとなって依頼を受ける場合も十分になるのです。自分の提案だけではなく周りの人々の提案をうまく受け入れながらどう作品としてまとめていくのかというところに柔軟さが必要となります。

これらのことから分かるように、いい作品を作り上げるためにはコミュニケーション能力がとても大切ということです。1人で黙々と作業にとりかかる場面ももちろんあるのですが、それだけではなく周りの人と協力しながら行わなければならない場面も多いということを理解しておかなければなりません。

グラフィックデザイナーとして働く上で覚悟しておいた方がいいこと

グラフィックデザイナーとして働く上で覚悟しておくべきは長時間労働となることは覚悟しておいたほうがいいでしょう。グラフィックデザイナーというと頭脳労働的なイメージがありますが実は肉体労働でもあるのです。考えるということは実はかなりエネルギーを消費します。ですから考えることが楽しくないとキツイ仕事といえるでしょう。

今風の名刺・ショップカードデザインのポイント

名刺やショップカードはデジタル化が進んでいる現代でも重要なビジネスツールではありますが、旧態依然のままのものでは効果も半減してしまいます。紙面のスペースには限りがあるため、掲載できる情報も限られた物となります。そのため、記載する事項と言えば名前や連絡先ということになりますが、今風の名刺やショップカードを作るのであれば紙で終わらせない工夫が重要となります。

チラシデザインの基本原則について

チラシを多くの人に読んでもらうためには、チラシデザインがとても大切になるので、基本的な原則を知って実践することが大切です。特に重要なのがタイトルで、チラシはタイトルなどのメリハリが少ないと、読む気をなくしたり興味を惹かれなかったりするので、フォントや配置、色などに注意する必要があります。加えて、人の目は無意識に読むパターンを形成しているので、タイトルや写真を入れるときは意識することが重要になります。

会社案内のデザインを依頼する時の注意点

会社案内のデザインを外部の専門機関などに依頼する場合に、もっとも注意したいのは、その会社案内のコンセプトをしっかりしておくということになります。言い換えると、企業としての理念、方針などに基づいた企業コンセプトの確立ということになります。何を持って世の中に貢献するのか、どういうことを会社として大事にしているのか、どのようなことを読む人に訴えるかということをまとめることにになります。

広告のデザイン事務所

各種広告デザイン・グラフィック制作

チラシ作成・名刺デザインの依頼

チラシ・名刺・ショップカードの制作

グラフィックデザインの作成

シネマグラフ・各種グラフィック制作