チラシデザインの基本原則について

チラシを多くの人に読んでもらうためには、チラシデザインがとても大切になるので、基本的な原則を知って実践することが大切です。

チラシデザインのタイトル

特に重要なのがタイトルで、チラシはタイトルなどのメリハリが少ないと、読む気をなくしたり興味を惹かれなかったりするので、フォントや配置、色などに注意する必要があります。

チラシのレイアウト

加えて、人の目は無意識に読むパターンを形成しているので、タイトルや写真を入れるときは意識することが重要になります。

横書きの場合は、左から右へ移動して下へ読み進めていくZパターン、縦書きの場合は、右から左へ上下に移動するNパターンが読みやすいので、文章の量に応じて変えてみましょう。

読みやすさを考えると、文章量が多いときは横書き、インパクトを重視したいときは縦書きにすると、読みやすいチラシになりやすくなります。

 

チラシデザイン制作例

チラシデザインの配色

そして、タイトルにメリハリを付けるためには色も重要で、モノクロのチラシだと暗い印象を持たれてしまうので、チラシのイメージに合う色を加えることが大切です。

色は、彩度や明度によって様々な組み合わせができるので、目立たせたい場所に明るい色や対照色などを配置して、思い通りの印象を持ってもらえるよう工夫してみましょう。

タイトルが決まった後は、魅力的な写真を載せることが大切で、チラシ全体が文字で埋め尽くされていると、内容を確認することなく捨ててしまう可能性が高まります。

選ぶ写真は、チラシの内容に合う物にすることが重要で、全く関係ない写真だとどんなに魅力的な写真でも宣伝効果は期待できません。

そして、写真を使う場所は背景が多く、宣伝したい商品を背景としていくつか並べると、どんな内容のチラシなのかが一目で分かるので、手に取ってもらえるチラシにするためにも内容に合った写真を選びましょう。

チラシは、商品の雰囲気に合わせた写真を選び、タイトルのフォントや色などを目立つように配置すると、魅力的なチラシが出来上がるので、まずは基本を守って実践してみることが大切です。